個人年金にと財布について。将来のためにできること

自分は最近ですが、財布を落としてしまいました。それでキャッシングカードなどもなくしてしまった経験があります。

それを阻止するために、自分は個人年金でお金をためるようにしております。

現在の保険屋では保険以外にも自分の将来のために貯金をおこなう個人年金といったものがあります。

これは設定はいつでもできますが自分たちは定年を迎えた60歳に設定をしております。

この年齢になって初めて年金を受け取ることができるようになっております。これは貯金というのもありますが、自分たちが実際に年金を受け取ることができるようになるのでは70歳、もしくはほんとうに受け取ることができるのかわかりせん。

それで個人で年金として、たくわえをしておけば、100㌫受け取ることが可能となります。

それで一度契約をしてしまうと、次にすぐに解約というのは人によってかわりますが、基本的には解約はしにくいと思います。

その心理を利用して、妻は継続をして個人年金をおこなっております。これら二つが妻が自分たち家族のために、力を入れてくれて、現在でも継続をして行っている貯金となります。

最後の方法を紹介したいと思います。